【こんまり®︎メソッド】キッチン用品の収納のコツ

片付けノウハウ
  • キッチンの収納スペースが狭い。
  • キッチンの収納がごちゃごちゃしてしまう。
  • キッチンをどうやって片づけたらいいのか分からない。

キッチンの片付けで、よくいただくお悩みです。

今回は、こんまり®︎メソッドの中でも、難易度の高いキッチンの収納のコツをご紹介します。

yukococo
yukococo

キッチン用品は、以下の写真のように、備え付けの収納にできるだけ収めることがポイントです!そうすることで、料理も掃除もしやすいキッチンになります◎

キッチン用品の3つのサブカテゴリー

キッチン用品は、大きく3つのサブカテゴリーに分類することができます。

①作る道具
②食べる道具
③食べ物

この3つの収納場所をきちんと分けることがポイントです。

①作る道具(例)
  • 大きな調理器具(鍋、フライパン、ボウルなど)
  • 細かいキッチンツール(菜箸、お玉、包丁、ピーラー、ハサミなど)
  • 道具類(アルミホイル、ラップ、キッチンペーパーなど)
  • 小物類(盛り付けグッズ、爪楊枝、輪ゴムなど)
  • 製菓用品
  • 掃除道具(ビニール袋、洗剤、スポンジなど)

作る道具は水に強いモノが多いので、湿気の多いシンク下に収納することをおすすめしています。

はじめに大きな調理器具の収納場所を確保し、残りのスペースで小物を収納すると、収まりがよくなります。

収納スペースが足りない場合は、コの字ラックを活用したり、お鍋やボウルを重ねてみたりするなど、工夫をしてみてくださいね。

続いて、食べる道具です。

②食べる道具(例)
  • カトラリー類(スプーン、フォーク、箸など)
  • お皿
  • コップやガラス類
  • タッパー、弁当箱、水筒
  • 小物類(箸置き、コースター、テーブルリネンなど)

カトラリー類など口に入れるモノは、VIP扱いで収納しましょう。

食器は、ガラスなど軽いモノは上段に、陶器など重いモノは下段に、収納することをおすすめしています。

最後は、食べ物です。

③食べ物(例)
  • 生鮮食品
  • 乾物や缶詰
  • 粉類や麺類
  • 調味料やスパイス
  • お茶やコーヒー
  • 菓子類など

食べ物は水に弱いモノが多いので、カラッとしているコンロ下に収納することをおすすめしています。

その際に、空き箱などを活用して立てて並べると、分かりやすく、使いやすい収納を作ることができます。

キッチン用品は、形も大きさも様々で、どうしてもごちゃごちゃしてしまいますよね。

しかし、「同じサブカテゴリーのモノは分散させずにまとめる」ことを意識することだけでも、スッキリしてきます♪

キッチンの片付けをすると、気持ちよく料理ができますし、掃除もとても楽になりますので、ぜひ実践してみてくださいね!

yukococo
yukococo

最後に「キッチン用品が多いなぁ」と感じている場合は、収納の前に見極めをする(捨てるを終わらせる)ことも大切です◎

プロフィール

こんまり®︎流片付けコンサルタント。会社員時代はストレスから病気になり入院。こんまり®︎メソッドを実践して、自分にとって心地よい暮らしと働き方を手に入れる。その経験を活かし、HSP(繊細)さんのときめく暮らしをサポート。

片付けノウハウ
シェアお気軽にどうぞ♩
yukococo life
タイトルとURLをコピーしました