【イタリア旅行記】最低限コレだけ覚えよう!旅行で使える簡単イタリア語7選

イタリア
記事内に広告が含まれています。

2024年5月に、夫婦でイタリア旅行へ行ってきました。本記事では、私たちが旅行中によく使ったイタリア語を厳選して7つご紹介します。

荒川侑子
荒川侑子

挨拶など簡単な一言であっても、現地の言葉で話すと、温かい交流が生まれます。イタリア語はカタカナ発音でも十分に伝わるため、ぜひ旅行中に使ってみてくださいね!

スポンサーリンク

旅行で使えるイタリア語

挨拶で使える単語

【こんにちは】ボンジョルノ(Buongiorno)

こんにちはを意味する「ボンジョルノ(Buongiorno)」は、イタリア旅行中に最も使う機会が多い言葉です。

ボンジョルノ(Buongiorno)を使う場面
  • ショップやレストランに入店する時
  • チケット売り場やスーパーのレジ
  • ホテルのフロントなど

イタリアでは、ショップやレストランに入店する際に「ボンジョルノ」と軽く挨拶をすることがマナーとなっています。日本のように、無言や会釈で入店することはありません。

チケット売り場やスーパーのレジ、ホテルのフロントなどでも、用件を伝える前に「ボンジョルノ」と挨拶をすることが一般的となっています。

ちなみに、こんにちは・さようならを意味する「チャオ(Ciao)」は、親しい友人に対して使う言葉です。知らない人や目上の人に対して使うと、失礼に当たるため、旅行中は「ボンジョルノ」を使った方が無難です。

【こんばんは】ボナセーラ(Buonasera)

こんばんはを意味する「ボナセーラ(Buonasera)」は、日が沈み始めてから使う言葉です。

ボナセーラ(Buonasera)を使う場面
  • レストランに入店する時など

イタリアのスーパーやお土産屋などは閉まる時間が早く、「ボナセーラ」を使う場面は限られますが、ディナーの時間帯にレストランなどで耳にすることが多いと思います。

【ありがとう】グラッツィエ(Grazie)

ありがとうを意味する「グラッツィエ(Grazie)」は、「ボンジョルノ」に次いで、使う機会が多い言葉です。

グラッツィエ(Grazie)を使う場面
  • スタッフやドライバーにお礼を伝えたい時
  • 困っている時に現地の人が助けてくれた時
  • 道を譲ってくれた人にお礼を伝えたい時など

初めて会う人から親しい人まで、誰に対しても使うことができます。覚えておくと万能な言葉です。

【美味しい】ボーノ(Buono)

美味しいを意味する「ボーノ(Buono)」は、美食の国であるイタリアで、気軽に使っていただきたい言葉です。

ボーノ(Buono)を使う場面
  • レストランで料理の感想を聞かれた時
  • お会計やお店を出るタイミング

レストランで食事をすると、終盤に「料理はいかがでしたか?ご注文のお品はすべてお揃いですか?他に注文するものはありますか?」などと聞かれることが多いです。

その際に、GOODやOKに加えて「ボーノ」と返事をすると、お店の人に喜んでもらえます!お会計やお店を出るタイミングでも問題ありません。

注文で使える単語

【数字】ウーノ(Uno)ドゥーエ(Due)トレ(Tre)

「ウーノ(Uno)、ドゥーエ(Due)、トレ(Tre)」は、イタリア語で1、2、3の数字を表します

特に「ウーノ」は、世界中で人気のあるトランプゲームの名前となっていることから、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

数字を使う場面
  • レストランやチケット売り場で人数を伝えたい時
  • レストランなどで注文する個数を伝えたい時など

数字は、レストランや様々な観光スポットで、人数や個数を伝える時に使えます。まずは、旅行する人数をイタリア語(2人で旅行される方は「ドゥーエ」など)で暗記するのがおすすめです。

【飲料水】アクア(Acqua)

「アクア(Acqua)」は、イタリア語で水を意味しますイタリアの水道水は飲める場所も多いですが、日本とは違い硬水です。心配な方はスーパーなどで購入したものを飲んだ方が無難だと思います。

アクア(Acqua)を使う場面
  • レストランで飲み物を注文する時
  • スーパーで商品のラベルを確認する時など

イタリアでは、スーパーでもレストランでも、2種類の飲料水(普通の水:Acqua Naturaleナトゥラーレ、炭酸水:Acqua FrizzanteフリザンテまたはAcqua Gassataガッサータが用意されています。

「アクア」と注文すると、どちらの水にしますか?と必ず聞かれるため、違いを覚えておくと便利です。

【デザート】ドルチェ(Dolce)

日本のイタリアンレストランでも、メニューに「ドルチェ」と書いてあることがありますが、「ドルチェ(Dolce)」は、イタリア語でデザートを意味します

ドルチェ(Dolce)を使う場面
  • レストランでデザートを注文する時など

レストランでメインの食事を終えた後に「ドルチェはいかがですか?」と聞かれることがあるため、知っておくと便利です。

イタリアのドルチェ(ティラミスやパンナコッタなど)はとても美味しいので、ぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、イタリア旅行で使える、簡単で便利な単語を7つお届けしました。

イタリアの方は、基本的に誰に対してもイタリア語で挨拶をしてくれるため、覚えたイタリア語を使うチャンスはたくさんあります。

カタカナ発音でも十分に伝わりますので、ぜひ積極的に使って、現地の方との交流を楽しんでくださいね!

error:
タイトルとURLをコピーしました