【イタリア旅行記】定番料理からミラノ名物まで!老舗レストラン|サバティーニ

イタリア
記事内に広告が含まれています。

2024年5月に、夫婦でイタリア旅行へ行ってきました。本記事では、ミラノにある老舗レストラン「Sabatini Ristorante & Pizzeria(サバティーニ・リストランテ&ピッツェリア)」をご紹介します。

荒川侑子
荒川侑子

1946年に創業されたレストランです。オシャレで温かい雰囲気があり、カップルやファミリーで利用しやすいと感じました。スタッフの方も親切で、居心地が良かったです!

スポンサーリンク

Sabatini Ristorante & Pizzeria

アクセス方法

私たちが訪問した「Sabatini Ristorante & Pizzeria(サバティーニ・リストランテ&ピッツェリア)」は、ミラノ中央駅から徒歩13分程度の場所にあります

Sabatini Ristorante & Pizzeria

私たちは、平日の19時頃に予約なしで訪問しました。イタリアの夕食は20時前後のスタートが一般的のため、予約なしでもスムーズに案内してもらえました。

店内の様子

店内は広いですが、20時に近づくにつれて、席はどんどん埋まっていきました。週末や混む時間帯などに利用する場合は、公式ホームページから席を予約しておくと安心だと思います。

Sabatini Ristorante & Pizzeria
公式ホームページはこちら

<https://www.ristorantesabatini.com>

メニュー

「Sabatini Ristorante & Pizzeria(サバティーニ・リストランテ&ピッツェリア)」では、定番のイタリア料理からミラノの郷土料理まで、幅広いメニューが取り揃えられています

※本記事に掲載しているメニューと金額は、2024年5月時点のものです。1ユーロ=170円で計算しています。

サービス料1人当たり
2.5ユーロ(約425円)

料理やデザートは、想像以上にボリュームがありました。最初は少なめで後から追加注文するか、テイクアウト前提で注文することをおすすめします。実際に、残った料理を持ち帰りしているお客さんもいました。

食レポ

私たちは「Sabatini Ristorante & Pizzeria(サバティーニ・リストランテ&ピッツェリア)」で、メイン2品とデザート2品を注文しました。

ミラノ風リゾット&オッソブーコ

ミラノ風リゾット(Risotto alla Milanese)とは、サフラン(パエリアやカレーのお米を炊く時によく使われるスパイス)を加えた、黄色のリゾットです

同じくミラノの郷土料理である、オッソブーコ(Ossobuco:仔牛のすね肉の煮込み)の定番の付け合わせとなっています。

ミラノ風リゾット&オッソブーコ
25ユーロ(4,250円)

ミラノ風リゾットのお米は、やや芯が残る、アルデンテに仕上がっていました。鮮やかな見た目で、チーズの濃厚な味がして、美味しかったです。

オッソブーコの牛すじは、ナイフですぐに切れる柔らかさですが、ほろほろというよりも、しっかりとした噛みごたえがありました。

お肉にかかっているトマトベースのソースは、酸味が少なく、素材の優しい味が感じられて、美味しかったです。

ミラノ風リゾットのみのメニューもありましたが、オッソブーコと合わせて食べることで、どちらの味にも飽きることなく、完食することができました!

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★★(感動した)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

カルボナーラ

ローマの伝統料理であるカルボナーラは、ロングパスタに、チーズ・卵・黒胡椒・グアンチャーレ(豚ホホ肉の熟成)またはパンチェッタ(豚バラ肉の熟成)から作られたソースを絡めた料理です

カルボナーラ
14ユーロ(2,380円)

チーズと卵の濃厚な味わいの中に、塩味の効いた豚肉がアクセントとして加わり、シンプルながらもこだわりを感じられる一品でした。

カルボナーラは火加減が難しく、私はよく失敗してしまいます。レストランで、カルボナーラの繊細な味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか?

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

パンナコッタ

パンナコッタ(Panna cotta)とは、温めた生クリームにゼラチンを加えて冷やし固めた、イタリア発祥のデザートですパンナコッタのソースは、ベリーやキャラメルが定番となっています。

パンナコッタ
7ユーロ(1,190円)

「Sabatini Ristorante & Pizzeria」のパンナコッタは、クリームがとても濃厚でした。ベリーソースは、大人のビターな味わいで、なめらかで美味しかったです。

本場イタリアのパンナコッタは、生クリームを100%使用するそうです。日本でよく目にする、パンナコッタ風(牛乳が加わりツルツルとした食感の)デザートとは別物で、驚きました!

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★★(感動した)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

ティラミス

ティラミス(Tiramisu)とは、マスカルポーネチーズのクリームとコーヒーを染み込ませたスポンジケーキを交互に重ね合わせた、イタリア発祥のデザートです

ティラミス
7ユーロ(1,190円)

「Sabatini Ristorante & Pizzeria」のティラミスは、中身のスポンジケーキに厚さがあり、ザ・定番のティラミスだと感じました。ビターなココアパウダーがアクセントとなって、美味しかったです。

同じティラミスでも、お店によってクリームのなめらかさやスポンジの厚さなどが異なるため、旅行中に食べ比べてみて、好みに合うものを探してみるのもおもしろいと思います。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★☆☆(良い経験になった)
夫のおすすめ度 ★★★☆☆(良い経験になった)

まとめ

本記事では、ミラノ中央駅の近くにある老舗レストラン「Sabatini Ristorante & Pizzeria(サバティーニ・リストランテ&ピッツェリア)」をご紹介させていただきました。

イタリアの定番料理からミラノの郷土料理まで、幅広いメニューが取り揃えられており、子どもから大人まで利用しやすいレストランだと思います。

ミラノを訪れた際には、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

関連記事はこちら

イタリア旅行(全般)
【イタリア旅行記】最低限コレだけ覚えよう!旅行で使える簡単イタリア語7選

ミラノ観光
【イタリア旅行記】中国国際航空|成田から中国(北京・上海)経由でミラノへ
【イタリア旅行記】定番料理からミラノ名物まで!老舗レストラン|サバティーニ⬅︎今回の記事

ヴェローナ観光
【イタリア旅行記】ミラノからヴェローナへの行き方|電車の乗り方を解説
【イタリア旅行記】ロミオとジュリエットの舞台!世界遺産ヴェローナを半日観光

マルチェージネ(ガルダ湖)観光
【イタリア旅行記】ヴェローナからマルチェージネへの行き方|バスの乗り方を解説
【イタリア旅行記】居心地の良いマルチェージネのおすすめホテル|Hotel Alpino
【イタリア旅行記】マルチェージネのおすすめ飲食店6選|レストラン・スーパーなど
【イタリア旅行記】町のシンボル!スカリジェロ城(マルチェージネ)から望む絶景
【イタリア旅行記】レモンの町リモーネ・スル・ガルダへ|フェリーの乗り方を解説
【イタリア旅行記】バルド山トレッキング(夏期)|ロープウェイの乗り方を解説

ヴェネツィア観光
【イタリア旅行記】ヴェローナからヴェネツィアへの行き方|電車の乗り方を解説

THANK YOU
皆さまからいただいたサポートは
ブログの運営維持費(年間5,280円)
に充てさせていただきます。

error:
タイトルとURLをコピーしました