【イタリア旅行記】居心地の良いマルチェージネのおすすめホテル|Hotel Alpino

イタリア
記事内に広告が含まれています。

2024年5月に、夫婦でイタリア旅行へ行ってきました。本記事では、私たちがマルチェージネ(ガルダ湖)で宿泊した「Hotel Alpino(ホテル・アルピノ)」へのアクセス方法や客室の様子などをご紹介します。

荒川侑子
荒川侑子

私たちはバルド山を望むことができる、バルコニー付きのお部屋に滞在しました。マルチェージネで、のんびり過ごしたい方におすすめのホテルです!

本記事に記載する金額は、2024年5月時点の為替レートである、1ユーロ=170円で計算をしています。

スポンサーリンク

アクセス方法

Hotel Alpino(ホテル・アルピノ)は、バス停「マルチェージネ」から徒歩3分程度の場所にあるホテルです

マルチェージネの対岸にある町「リモーネ・スル・ガルダ(Limone sul Garda)」行きのフェリー乗り場まで徒歩2分、「バルド山(Monte Baldo)」 行きのケーブルカー乗り場まで徒歩7分など、周辺の観光スポットにアクセスしやすい立地となっています。

Hotel Alpino(ホテル・アルピノ)

マルチェージネは多くの観光客で賑わう町ですが、繁華街のような騒がしさはなく、落ち着いた時間を過ごすことができました。

チェックイン

Hotel Alpinoのレセプションは、英語が堪能で親切なスタッフが常在していました。

私たちはチェックイン開始前(午前中)に到着しましたが、スーツケースなどの大きな荷物を預けることが可能で、トイレもお借りできたため、ありがたかったです。3泊4日を快適に過ごす事ができました。

レセプションの案内(2024年5月時点)

ルームツアー

Hotel Alpinoで、私たちは「ダブルルーム(バルコニー付き)」という客室に宿泊しました宿泊費は、夫婦2人で1泊当たり98ユーロ(約16,660円)でした。

私たちが滞在したお部屋は、ホテルの外観と同じ黄色の壁紙で、温かみがありました。ベッドカバーは、パッチワーク風で可愛かったです。毎日、客室の清掃があり、気持ちよく過ごすことができました。

ベッドルーム

水回りですが、シャワールームは引き戸が付いており、水が外に飛び跳ねないタイプで、とても使いやすかったです。トイレのビデはイタリア式で、通常の便器とは別にありました。

バスルーム
  • 石鹸・シャンプー・シャワーキャップ・タオル・ヘアドライヤーなどがありました。

バルコニーにはテーブルとイスがあり、ゆっくりと外の景色を眺めたり、町中のお店でテイクアウトしたピザを食べたりして、楽しむことができました。

バルコニー

また珍しいことに、バルコニーには、洗濯物を干すハンガーと洗濯バサミもありました。晴れの日に利用することができて、とても便利でした。

朝食

朝食はビュッフェ形式で、好きなものを選んで、自由に食べることができました料金は、宿泊費の中に含まれていました。

チーズ・ハム・卵など
パンやペイストリー
ジャムやフルーツ

私は、イタリアの朝食で定番のクロワッサン・ハム・モッツァレラチーズ・トマト・オムレツなどを選びました。塩辛くなく、甘すぎることもなく、どれも絶妙な味わいで美味しかったです。

朝食ビュッフェで選んだもの

飲み物は、カモミールティーを選びました。まろやかな味で、とても飲みやすかったです。整腸作用やリラックス効果などがあり、イタリアの家庭では常備されているそうです。

夕食

昼食や夕食は宿泊費の中に含まれていませんが、ホテルの宿泊者は、隣接するレストラン「Bar Gelateria Alpino」でお得に食事をすることができますホテルに宿泊していない方の利用も可能です。

※ホテルのチェックイン時に、宿泊者限定のレストラン割引クーポン(10%OFFクーポン)をいただきました。

ホテルから近くて便利ということもあり、私たちは雨天日の夕食で利用しました。予約テーブルもありましたが、17〜18時頃の早い時間帯であれば、予約なしでも案内してもらえました。

お通しのパンとクラッカー
(テーブルチャージ料なし)

シーフードリゾット2人分
33ユーロ(5,610円)

ラザニア
12ユーロ(2,040円)

ティラミス
6ユーロ(1,020円)

※上記は割引前の価格です。

特に、魚介の旨味が詰まったシーフードリゾットと手作りティラミスが絶品でした。メインの食事の量を調整いただいて、デザートまでぜひ味わっていただきたいです!

まとめ

本記事では、「Hotel Alpino(ホテル・アルピノ)」での宿泊体験をご紹介させていただきました。

主要観光スポットにアクセスしやすい立地でありながらも、落ち着いた時間を過ごすことができる、居心地の良いホテルでした。

マルチェージネを再訪する機会があれば、また宿泊したいです。私たちの経験がご参考になりましたら幸いです。

関連記事はこちら

イタリア旅行(全般)
【イタリア旅行記】最低限コレだけ覚えよう!旅行で使える簡単イタリア語7選

ミラノ観光
【イタリア旅行記】中国国際航空|成田から中国(北京・上海)経由でミラノへ
【イタリア旅行記】定番料理からミラノ名物まで!老舗レストラン|サバティーニ

ヴェローナ観光
【イタリア旅行記】ミラノからヴェローナへの行き方|電車の乗り方を解説
【イタリア旅行記】ロミオとジュリエットの舞台!世界遺産ヴェローナを半日観光

マルチェージネ(ガルダ湖)観光
【イタリア旅行記】ヴェローナからマルチェージネへの行き方|バスの乗り方を解説
【イタリア旅行記】居心地の良いマルチェージネのおすすめホテル|Hotel Alpino⬅︎今回の記事
【イタリア旅行記】マルチェージネのおすすめ飲食店6選|レストラン・スーパーなど
【イタリア旅行記】町のシンボル!スカリジェロ城(マルチェージネ)から望む絶景
【イタリア旅行記】レモンの町リモーネ・スル・ガルダへ|フェリーの乗り方を解説
【イタリア旅行記】バルド山トレッキング(夏期)|ロープウェイの乗り方を解説

ヴェネツィア観光
【イタリア旅行記】ヴェローナからヴェネツィアへの行き方|電車の乗り方を解説

THANK YOU
皆さまからいただいたサポートは
ブログの運営維持費(年間5,280円)
に充てさせていただきます。

error:
タイトルとURLをコピーしました