【トルコ旅行記】絶品のバクラヴァ!ナーディル・ギュル(イスタンブール本店)

トルコ

✴︎夫婦のトルコ旅行記✴︎
2023年8月上旬の情報です

本記事の内容

トルコで人気のバクラヴァ店「Karaköy Güllüoğlu – Nadir Güllü(カラキョイ・ギュルオール・ナーディル・ギュル)」をご紹介します。

イスタンブール本店の外観
ピスタチオ・バクラヴァ

トルコの伝統菓子「バクラヴァ」とは?
・バクラヴァは、トルコをはじめとした中近東や中央アジア伝統の焼き菓子です。
・非常に薄いパイ生地を幾重にも重ね、間にピスタチオやくるみなどのナッツ類をたっぷり挟み、最後に甘いシロップやバターをかけて仕上げます。

荒川侑子
荒川侑子

こちらお店のバクラヴァは上品な甘さで、職人さんが1つ1つ手作りしています。あまりの美味しさに感動しました!

スポンサーリンク

バクラヴァの名店「Karaköy Güllüoğlu – Nadir Güllü」

バクラヴァの食レポ

ピスタチオ・バクラヴァ

定番の「ピスタチオ・バクラヴァ」は、ピスタチオが好きな方におすすめしたい一品です。

トルコは世界有数のピスタチオ生産国であり、パイ生地の間には「こんなにも!?」と驚くほど、たくさんのピスタチオが敷き詰められていました。

ピスタチオ・バクラヴァのケーキサイズ

参考価格(2023年8月時点)
ピスタチオ・バクラヴァ(ケーキサイズ)1切れの価格:135トルコリラ=約750円
トッピングのトルコアイスの価格:30トルコリラ=約170円

パイ生地の間には、お好みでクリームまたはトルコアイスをトッピングすることができます(追加料金が掛かります)。

荒川侑子
荒川侑子

8月で気温が暑かったということもあり、私たちはトルコアイスを選びました!

バクラヴァ=激甘というイメージが強いと思うのですが、Karaköy Güllüoğlu – Nadir Güllü(本店)のバクラヴァは、全体的に甘さ控えめで上品なお味でした。

荒川侑子
荒川侑子

そのままでも十分に美味しかったのですが、甘党の私にはトッピングを加えて、ちょうど良い甘さに感じました!

コールド・ピスタチオ・バクラヴァ

定番は常温のバクラヴァですが、Karaköy Güllüoğlu – Nadir Güllü(本店)には、オリジナルの「コールド・バクラヴァ」があります。

コールド・バクラヴァは、通常のピスタチオまたはくるみのバクラヴァを牛乳に浸し、上からチョコレートフレークをかけた一品です。

コールド・ピスタチオ・バクラヴァ

参考価格(2023年8月時点)
コールド・ピスタチオ・バクラヴァ1切れの価格:30トルコリラ=約170円

パイ生地が牛乳でしっとり、ほろほろとしており、常温のバクラヴァよりも一口が軽やかに感じられました。

荒川侑子
荒川侑子

「冷たい牛乳+細かいチョコレートフレーク+ピスタチオ」の組み合わせが最高でした!もう一度食べたい、お気に入りの一品です♫

チャイ

甘いバクラヴァのお供には、トルコの紅茶「チャイ」が欠かせません!

チャイと聞くと、スパイスの効いたインドのミルクティーを思い浮かべる方も多いと思うのですが、トルコではストレートティーのことをチャイと呼びます。

トルコで定番のチャイ

参考価格(2023年8月時点)
チャイ1杯の価格:15トルコリラ=約85円

現地のトルコ人は、このチャイに砂糖を加えて飲むことが定番のようです。チャイを注文すると、角砂糖も付いてきました。

荒川侑子
荒川侑子

素敵なチャイグラスですが、最初は熱すぎて手で持てませんでした…!このような体験も含めて楽しい思い出です。

イスタンブール本店へのアクセス方法

Karaköy Güllüoğlu – Nadir Güllü(本店)は、イスタンブールのヨーロッパ側で、ボスポラス海峡沿いに位置する「カラキョイ(Karaköy)」というエリアにあります

カラキョイの治安

カラキョイは、おしゃれな飲食店や雑貨店が立ち並ぶエリアで、他のエリアと比べても治安は良いと感じました。日本人の方も安心して訪問できると思います。

店舗へのアクセス方法は、表口(大通り方面)と裏口(テラス席方面)の2通りがあります。

表口(大通り方面)

お店の入り口が一目で分かりやすいのは、表口(大通り方面)です。

表口(大通り方面)

高級ホテルや大きなショッピングモールがある通りに面しています。

裏口(テラス席方面)

場所は見逃しやすいのですが、大通りから一歩、内側に入った場所からアクセスできるのが裏口(テラス席方面)です。

裏口(テラス席方面)

長いテラス席を通り抜けると、バクラヴァの注文カウンターがある店内に入ることができます。

バクラヴァの注文方法

バクラヴァの注文、受け取り、お会計はカウンターで行います。席は自由席となっています。

カウンターは、テイクアウト専用とイートイン(店内で飲食する方)専用の2つに分かれています

女性たちが並んでいる手前がテイクアウト専用
その奥がイートイン専用エリア
荒川侑子
荒川侑子

午後はカウンターに列ができていましたが、翌日の朝に再訪した時には列もなく、空いていました。

バクラヴァはガラス越しに見えるので、指差し注文ができます。

種類豊富なバクラヴァ

種類が豊富で迷うと思いますが、基本的にはパイ生地にピスタチオまたはくるみが挟まっているお菓子と考えてもらって差し支えないと思います。

荒川侑子
荒川侑子

原材料は同じでも、異なる形をしたバクラヴァがたくさんありました。好きな形で選ぶのも楽しいと思います♫

バクラヴァの注文をして、トレイ(お皿)で受け取った後、最後にまとめてお会計をします。現金とクレジットカードの利用が可能でした。

カウンターで注文したバクラヴァ

カウンターに並んでいない商品(チャイなど)は、お会計時に注文することができます

荒川侑子
荒川侑子

チャイはお会計後、別カウンターにて、レシートを提示して受け取ることができました。

お会計後は、店内席とテラス席どちらでも自由に選んで、食事を楽しむことができます。

トイレ情報

Karaköy Güllüoğlu – Nadir Güllü(本店)では、店内の2階にトイレがありました。高級ホテルやデパートにあるようなキレイなトイレだったので驚きました。日本人の方も安心して利用できると思います。

スポンサーリンク

まとめ

トルコのイスタンブールで人気のバクラヴァ店「Karaköy Güllüoğlu – Nadir Güllü(本店)」をご紹介させていただきました。

荒川侑子
荒川侑子

こちらのお店のバクラヴァは甘すぎず、上品なお味なので、日本人の口にも合うと思います。トルコを訪れた際にはぜひお試しください♫

関連記事はこちら

トルコ旅行(全般)
【トルコ旅行記】世界三大料理!トルコ現地のおすすめグルメ25選
【トルコ旅行記】7泊9日の費用とプランを大公開!イスタンブール&カッパドキア

イスタンブール観光
【トルコ旅行記】中国南方航空|羽田から北京経由でイスタンブールへ
【トルコ旅行記】絶品のバクラヴァ!ナーディル・ギュル(イスタンブール本店)⬅︎今回の記事
【トルコ旅行記】行列ができる美味しいサバサンド店 (イスタンブール名物)
【トルコ旅行記】徒歩でめぐるガラタ塔&ガラタ橋|イスタンブール観光
【トルコ旅行記】ブルーモスク&アヤソフィア|歴史ある美しいモスクを見学
【トルコ旅行記】一見の価値あり!ドルマバフチェ宮殿|行き方と見どころ
【トルコ旅行記】猫の楽園!ブルガズ島&ヘイベリ島|フェリーに乗って島散策
【トルコ旅行記】断水から復旧までの様子|イスタンブール旧市街地

カッパドキア観光
【トルコ旅行記】ターキッシュエアライン|イスタンブールからカッパドキアへ
【トルコ旅行記】カッパドキア気球ツアー|中止と決行の両方を体験
【トルコ旅行記】ローズ&レッドバレー早朝トレッキング(夏期カッパドキア)
【トルコ旅行記】カッパドキア(ギョレメ)のローカル食堂|美味しくてリーズナブル!
【トルコ旅行記】陶芸の町アヴァノスへ半日観光|ローカルバスの乗車方法
【トルコ旅行記】バスで行くウチヒサール城|巨大な岩の要塞を探検

タイトルとURLをコピーしました