【フィリピン旅行記】ジョリビーでメニュー3点を比較|国民的ファーストフード

フィリピン

2023年5月に、夫婦でフィリピン旅行へ行ってきました。本記事では、フィリピン最大のファーストフード店「ジョリビー(Jollibee)」で食事をした感想をご紹介します。

荒川侑子
荒川侑子

私たちはジョリビーで3点のメニュー(フライドチキン・バーガーステーキ・ジョリースパゲティ)を注文しました。初めてジョリビーを訪れる方や、メニュー選びで迷っている方のご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

ジョリビー(Jollibee)とは?

ジョリビーは、フィリピン発のファーストフード店です2023年現在、世界17カ国で展開されており、店舗数は1500を超えます。日本には未上陸です。

フィリピンでは、世界最大級のファーストフード店であるマクドナルド(McDonald’s)を抑えて、国内第1位のシェアを誇ります。

ジョリビー 店舗の外観(マクタン・セブ空港)
ジョリビーのキャラクター「Mr. ジョリビー」

ジョリビーで提供されているメニューは、ハンバーガー・フライドチキン・バーガーステーキ・スパゲッティなど多岐に渡ります

私たちは今回の旅行中に、ジョリビーで3回(マクタン・セブ空港で2回、ボラカイ島で1回)食事をしました。

実際に利用した店舗と、注文したメニュー3点(フライドチキン・バーガーステーキ・ジョリースパゲッティ)の味の感想をご紹介します。

参考価格(各セットを単品で注文した場合)

フライドチキン2ピースセット

232フィリピンペソ(約580円)
バーガーステーキ1ピースセット

102フィリピンペソ(約255円)
ジョリースパゲティのセット

102フィリピンペソ(約255円)

2023年5月時点の価格です。1フィリピンペソ=2.5円で計算しています。メニューの価格は店舗によって若干異なる場合があります。また、サイドメニューの追加やドリンクの種類などによっても金額は変化します。

スポンサーリンク

フライドチキン(スパイシー味)とバーガーステーキを注文

初めてのジョリビーは、マクタン・セブ空港の国内線ターミナル内(誰でもアクセスできるエリア)にある店舗を訪れました。

マクタン・セブ空港の国際線ターミナルと国内線ターミナルは徒歩5分弱の距離です。こちらのジョリビーのテーブルや座席数は比較的多めで、乗り継ぎの待ち時間に利用できたため便利でした。

注文したメニューは、フライドチキンのセットとバーガーステーキのセットです。ドリンクはドール(Dole)のパイナップルジュースを注文しました。

初めて注文したジョリビーのメニュー
フライドチキンセットとバーガーステーキセットの中身

フィリピンでは、フライドチキンと白米の組み合わせが定番ですこの組み合わせはフィリピンならではの文化で驚きましたが、よくよく考えると日本の唐揚げ弁当も似たようなものなので、日本人の方はすんなり受け入れられる方が多いのではないかと思います。

フライドチキンの味は、普通の「レギュラー」またはピリ辛の「スパイシー」の2種類から選ぶことができました。今回はスパイシーを頼んだのですが、サクサクの衣で覆われた熱々のチキンにピリ辛味がアクセントとなって、美味しかったです。

バーガーステーキは、ハンバーガーのパティにグレイビーソース(肉汁を使って作るソース)を掛けたものでした日本の分厚いハンバーグというよりも、ハンバーガーに入っている薄いパティそのものです。

ジョリビーのグレイビーソースは、さらりとした薄味なので好みが分かれると思います。個人的には、絶賛するほどの美味しさは感じませんでしたが、食べられない味でもありませんでした。ちなみに、グレイビーソースはフライドチキンにも付いてきます。

フライドチキン(レギュラー味)を注文

2回目のジョリビーは、ボラカイ島のシティモール内の店舗(フードコート)を訪れました。

ボラカイ島のレストランは高価な多国籍料理が中心だったので、手軽なフィリピン料理というとファーストフード店となり、中でもジョリビーは旅行中に安心して食事ができる定番のお店になりました。

今回はフライドチキンのセットをテイクアウトして、宿泊先に持ち帰って食べました。フライドチキンの味はレギュラーにしたのですが、レギュラーもスパイシー味に劣らず美味しかったです。お好みの味をお試しください♫

テイクアウトしたフライドチキンセット
定番のフライドチキンと白米の組み合わせ

ジョリースパゲティを注文

最後のジョリビーは、帰国前にマクタン・セブ空港の国内線ターミナル内(誰でもアクセスできるエリア)にある店舗を再訪しました。

最後ということで、まだ挑戦したことのなかったジョリースパゲティを注文しました。

最後に注文したジョリビーのメニュー
スパゲティとバーガーステーキセットの中身

ジョリビースパゲティは、太麺パスタにソーセージの具材入りのバナナケチャップソースと、チーズがトッピングされた一品です。甘いソースと聞いていたので完食できるか不安だったのですが、実際はそこまで甘くなく拍子抜けしました。

子ども向けのミートソーススパゲティやナポリタンのようなマイルドな味で、普通に完食することができました。バナナの味も特に感じることはなかったです。

スパゲティの麺がとても柔らかかったので、味よりも食感の方で好みが分かれそうな気がします…!

スポンサーリンク

まとめ

フィリピンの国民的ファーストフード店「ジョリビー(Jollibee)」で提供されている、メニュー3点の感想をご紹介させていただきました。

  • フライドチキン:フィリピンの定番、白米との組み合わせがおすすめ
    おすすめ度 ★★★★(美味しかった)
  • バーガーステーキ:お好みでジョリビーのグレイビーソースと共に
    おすすめ度 ★★★(良い経験になった)
  • スパゲティ:1度は試してみたいバナナケチャップ!お土産話にも◎
    おすすめ度 ★★★(良い経験になった)

今回ご紹介した場所だけではなく、ジョリビーの店舗はフィリピンの各地にあります。フィリピンならではの食文化を体験してみたい方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

参考文献(タップして開く)
  1. Jollibee
    <https://www.jollibee.com.ph>
    (2023年11月23日最終アクセス日)
タイトルとURLをコピーしました