【台湾旅行記】台北ローカルグルメ15選|ミシュランガイド掲載店や人気グルメをご紹介

台湾
記事内に広告が含まれています。

2024年3月に、夫婦で台湾旅行へ行ってきました。本記事では、台北で食べたおすすめのグルメを15種類ご紹介します。

荒川侑子
荒川侑子

ミシュランビブグルマンに選出されたお店やリーズナブルで美味しい地元のグルメを厳選してお届けします!これから台北を旅行される方のご参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

台北ローカルグルメ15選

私たちが実際に食べた、台北のローカルグルメを15種類ご紹介します。

本記事でご紹介する価格は、2024年3月時点のもので、1元(台湾ドル)=4.7円で計算しています。

味覚には個人差があります。料理の味などに関する感想は、参考程度にご覧いただけますと幸いです。

台北名物

熱々!肉汁スープ溢れる「小籠湯包」

小籠湯包(ショウロンタンパオ)とは、肉皮凍(肉汁スープの素になる、豚皮を煮込んで作られたゼラチン質の固まり)入りの豚ひき肉を小麦粉でできた薄い皮で包み、せいろで蒸して作られた料理です

台湾では、肉汁スープ入りのものを「小籠湯包」、肉汁スープなしのものを「小籠包」と言います。

小籠湯包
90元(約423円)

私たちが訪問した台湾料理店「良得小吃店」の小籠湯包は、肉汁スープがたっぷり入っており、追加注文するほど美味しかったです。

たっぷりの肉汁スープ
お好みで酢醤油生姜と一緒に食べます。

味は遜色ないものの、レストランよりもリーズナブルな価格で提供されており、驚きました。

小籠湯包は冷めてしまうと美味しさが半減してしまうため、熱々のうちに食べることをおすすめします。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★★(感動した)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

訪問したお店「良得小吃店」

「良得小吃店」は、台北市内(台北駅からバスで15分程度の場所)にある台湾料理店です。

ローカル食堂「良得小吃店」

メニューは壁に貼ってあり、指差し注文をすることができます。お箸やレンゲ、調味料などはまとめて入口に置いてあり、セルフサービスとなっていました。

メニュー(2024年3月時点)

私たちが訪問した直後は、店員さんもお客さんもいなくて心配になったのですが、通常通り営業中でした。ローカル感が溢れており、いい意味でさっぱりとした接客だと思います。食べ終わる頃には、たくさんの人で賑わっていました。

「良得小吃店」の小籠湯包は、熱々の状態で提供されます。レストランの小籠湯包はぬるくて期待外れだったという方にも、ぜひ試していただきたいです。

ミシュランガイド掲載「ガチョウ肉」

台湾料理店「阿城鵝肉」では、スモーク味(煙燻)または塩味(白斬)のガチョウ肉を食べることができます

2019年には、価格以上の満足感が得られる料理として、ミシュランビブグルマンを獲得しました。

ガチョウ肉スモーク味
1〜2人前220元(約1,034円)

ガチョウ肉は臭みがなく、ジューシーな味わいで、とても美味しかったです。生姜やピリ辛の調味料を合わせて、さっぱりいただくこともできました。

調味料(セルフサービス)

単品メニューのご飯は、白いご飯(白飯)とガチョウの油を掛けたご飯(鵝油拌飯)の2種類があります。

白いご飯(左)
20元(約94円)
ガチョウの油を掛けたご飯(右

25元(約118円)

ガチョウ肉との相性がよく、ご飯が進むこと間違いなしです!ぜひ一緒に注文してみてくださいね。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★★(感動した)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

訪問したお店「阿城鵝肉・吉林二店」

私たちは台北市内(台北駅からバスで20分程度の場所)にある「阿城鵝肉・吉林二店」で食事をしました。

「阿城鵝肉」の2号店はイートイン専用、向かい側にある1号店はテイクアウト専用となっています。

「阿城鵝肉・吉林二店」の店舗前には受付専用の機械があり、整理券を発行して順番を待つシステムとなっていました。お昼過ぎの時間帯(15:00頃)に発券し、約20分で入店することができました。

阿城鵝肉・吉林二店
メニュー(2024年3月時点

私たちはメインのガチョウ肉の他に、汁なし麺(乾意麺)とはまぐりスープ(蛤蜊湯)も注文しました。

汁なし麺(上)
50元(約235円)
はまぐりスープ(下)
90元(約423円)

汁なし麺は、ちぢれ麺に肉そぼろを絡めて食べるのですが、期待以上に美味しかったです。はまぐりスープは、あっさりとした味で箸休めになりました。

現地で日本人が作る豪華な「牛肉麺」

牛肉麺(ニュウロウミェン)とは、牛肉を具材とした麺料理です。スープは大きく醤油ベース(紅焼)と塩ベース(清燉)があり、麺は細麺から太麺までお店によって様々となっています

私たちが訪問した「江牛樓」の牛肉麺は、スープは醤油ベースの1種類で、麺は細麺と刀削麺(幅広のちぢれ麺)の2種類があり、私たちは刀削麺を選びました。

刀削麺の牛肉麺(替え玉は無料)
290元(約1,363円)

刀削麺はもちもちとした食感をしており、メインの牛肉はお箸でほろほろと崩れる柔らかさがありました。素材の美味しさを感じることができる上品な一品でした。

個人的に、スープは少し塩辛く感じましたが、濃い味が好みの方にとっては、スープまで美味しくいただけるのではないかと思います。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

訪問したお店「江牛樓」

「江牛樓」は、台北市内(台北駅から徒歩13分程度の場所)にある牛肉麺専門店です。

牛肉麺の専門店「江牛樓」

2023年に台湾在住の日本人シェフが新しくオープンしたお店になります。営業日および営業時間は限られているため、事前に公式情報を確認されることをおすすめします。

付け合わせの野菜の燻製(上)
キャンペーンのサブトンの炙り焼き(下)

店内はカウンター席のみとなっており、目の前で調理をしている様子を見ることができます。

シェフもスタッフの方々も物腰が柔らかく、牛肉麺を食べながら、日本語で会話ができてことも、楽しい思い出になりました。

朝食にピッタリ「カジキ汁ビーフン」

朝食専門店「民樂旗魚米粉」では、カジキで出汁をとった、温かい汁ビーフンを食べることができます

ビーフンとは米粉から作られた麺のことであり、台湾北西部に位置する新竹市はビーフンの名産地として知られています。

カジキ汁ビーフン
60元(約282円)

スープはカジキの出汁が効いている優しい味付けでした。細麺のビーフンはつるつるとしており、喉ごしがよかったです。

サラッと食べられるため、食べ過ぎた翌日や朝食などにピッタリだと思います。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

訪問したお店「民樂旗魚米粉」

「民樂旗魚米粉」は、台北市内(台北駅から徒歩12分程度の場所)にある朝食専門店です。

私たちは朝8:20頃に訪問しました。すでにたくさんの人で賑わっており、席が空いていないように見えましたが、飲食スペースは他店の前まで広く確保されており、無事に席を案内してもらえました。

朝食専門店「民樂旗魚米粉」
(黄色の看板のお店)

メニューは、写真付きで日本語のものがあったため、分かりやすかったです。メインのカジキ汁ビーフンの他に、揚げ物のおかずも注文しました。

メニュー(2024年3月時点)

イカの唐揚げ
60元(約282円)

さつま揚げ
30元(約141円)

牡蠣の唐揚げ
60元(約282円)

イカの唐揚げは、薄くてコリコリしているタイプでした。さつま揚げは、食べやすい定番の味でした。牡蠣の唐揚げは、甘いタレとの相性がよく、弾力があり美味しかったです。

台湾定番料理

トロトロ豚バラ肉をのせた「魯肉飯」

魯肉飯(ルーローハン)とは、細かく切った豚バラ肉を甘辛い醤油のタレで煮込み、ご飯の上に盛り付けた一品です

お店によってトッピング(高菜・卵・パクチーなど)が添えられることもあります。

魯肉飯
30元(約141円)

味付けに八角などの香辛料が使われることが多いのですが、台湾料理店「香満園」の魯肉飯は、八角やパクチーが入っておらず、子どもから大人まで食べやすい、甘めの味付けとなっています。

普通に美味しかったのですが、八角やパクチーが好きな私にとっては、少し物足りない味でした。

様々なお店の魯肉飯を食べ比べてみて、好みに合う一品を探してみるのも、おもしろいと思います。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★☆☆(良い体験になった)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

訪問したお店「香満園」

「香満園」は、台北市内(台北駅から地下鉄で5分程度の場所)にある台湾料理店です。

台湾料理店「香満園」

朝食の時間帯に訪問したところ、すでにたくさんの人で賑わっており、相席となりました。日本では珍しいですが、台湾のローカル食堂では相席になることもしばしばあります。

メニュー(2024年3月時点)

私たちは魯肉飯の他に、金針赤肉湯(金針菜というユリ科の花のつぼみを乾燥させたものと豚肉のスープ)を注文しました。

金針赤肉湯
60元(282円)

金針赤肉湯は初めて食べたのですが、旨味のあるスープで、魯肉飯を上回る美味しさでした。ぜひ一緒に注文してみてはいかがでしょうか?

寧夏夜市でミシュラン選出「雞肉飯」

雞肉飯(ジーローハン)とは、茹でた鶏肉のほぐし身をご飯の上に盛り付けて、エシャロット(玉ねぎの一種)入りの醤油ベースのタレで味付けをした一品です

台湾料理店「方家雞肉飯」の雞肉飯は、価格以上の満足感が得られる料理として、2019年から4年連続で、ミシュランビブグルマンを獲得しています。

雞肉飯
50元(約235円)

雞肉飯には甘味のあるタレが掛かっており、美味しかったです。あっさりとした味が好みの方には向かないかもしれません。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★☆☆(良い体験になった)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

訪問したお店「方家雞肉飯」

「方家雞肉飯」は、台北市内(台北駅から徒歩12分程度)の寧夏夜市の中にある台湾料理店です。

寧夏夜市のメイン通りに面している屋台は、テイクアウト専用となっています。

台湾料理店「方家雞肉飯」

お店の飲食スペースを利用したい場合は、屋台裏にある受付に並びます。私たちは約20分並び、席を案内してもらえました。注文は席についてからになります。

メニュー(2024年3月時点)

食べ歩きで一品のみ注文することも、おかずやスープと合わせてしっかり食事をすることもできます。

安定の美味しさ!ニラ入り「水餃子」

台湾料理店「嘟嘟水餃」では、ニラがたっぷり入った水餃子を食べることができます。

ニラ水餃子
70元(約329円)

水餃子の皮は薄く、つるんと滑らかでした。中身の餡にはお肉も使われていましたが、ニラがメインとなっていました。

ニラの美味しさ溢れる水餃子

お肉とニラの旨みがじゅわっと溢れて、ピリ辛なタレとの相性もよかったです。

帰国後に振り返って「また食べたい!」と感じるような水餃子でした。ニラ好きの方におすすめです。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★★(感動した)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

訪問したお店「嘟嘟水餃」

「嘟嘟水餃」は、台北市内(台北駅からバスで10分程度の場所)にある台湾料理店です。

台湾料理店「嘟嘟水餃」

飲食スペースは少し分かりづらい(路地一体に広がっている)ため、屋台の近くにいる店主に声を掛けて、席を案内してもらった方がよいと思います。ちなみに、男性の店主は明るく、フレンドリーな方でした。

また席数が少ないことから、相席になることもあるかと思います。私たちも途中で相席になりましたが、ローカルな雰囲気を味わいながら、食事を楽しむことができました。

ニンニク香る二郎系「ザージャン麺」

ザージャン麺とは、炸醤ザージャン(ひき肉に豆板醤や甜面醤を合わせて作った肉味噌)を茹でた麺の上にのせた料理です

日本ではジャージャー麺という名前でも知られており、お店によって使用される麺の種類は、細麺から太麺まで様々となっています。

私たちは、台北市内の城中市場(台北駅から徒歩6分程度の場所)にあるお店で、ザージャン麺を食べました。

ザージャン麺
75元(約353円)

うどんに似ている太めの麺に、ニンニクのたっぷり効いた炸醤を絡めて食べました。二郎系ラーメンが好きな方にとって、たまらない味だと思います!

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★☆☆(良い体験になった)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

台湾定番スイーツ

溢れ出す!温かい「カスタードまん」

カスタードまんとは、奶黃餡(牛乳と卵黄で作る中華式カスタードクリーム)を生地で包み、せいろで蒸し上げた、温かいスイーツです

私たちが訪問した台湾料理店「古北饕Goodbeitao旗艦店」のカスタードまんは、薄い生地の中にトロトロのカスタードクリームがたっぷり入っていました。

カスタードまん 2個入り
90元(約423円)

生地はふんわり柔らかく、ほんのり甘くて塩味の効いているカスタードクリームと合わせて食べると、とても美味しかったです。

そのままの状態でかぶりつくと、中身の熱いクリームが飛び出たり、火傷したりする恐れがあります。手で半分に割ってから、少しずつ食べることをおすすめします。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

訪問したお店「古北饕Goodbeitao旗艦店」

「古北饕Goodbeitao旗艦店」は、台北市内(台北駅から徒歩15分程度の場所)にある台湾料理店です。

私たちは、Google Mapで席を予約してから伺いました。予約でいっぱいと断られていたグループも数組いたため、事前に予約を取っておいた方が確実だと思います。

また、私たちが訪問したお昼過ぎの時間帯(14:30頃)は、一部メニューの提供時間外となっていました。予約する時間帯にも注意が必要です。

台湾料理店「古北饕Goodbeitao旗艦店」

お店には日本語メニューの用意があり、日本語を少し話すことができる店員さんもいました。

デザートの前に注文した、大根もちや蒸しワンタンなどの点心も美味しかったです。

小籠湯包
200元(約940円)

坦々麺
120元(約564円)

大根餅
90元(約423円)

蒸しワンタン
90元(約423円)

ふわふわ&しっとり「台湾カステラ」

台湾カステラは、ケーキ生地(材料は薄力粉・植物油・卵・牛乳・砂糖など)を型に流し入れ、オーブンで蒸し焼きにして作ります

台湾北部に位置する淡水区の名物スイーツであり、現地では現烤蛋糕(シェンカオダンガオ)という名前で親しまれています。

私たちは定番のプレーン味の他に、チョコレート味の台湾カステラを食べました。

台湾カステラ プレーン味
55元(約259円)
台湾カステラ チョコレート
120元(約564円)

見た目とは異なり、どちらも甘さは控えめでした。中でもプレーン味は、卵の優しい味をたっぷり感じることができて美味しかったです。

シフォンケーキと似ており、焼き立ては軽くふわふわしていますが、一晩置くとしっとりとした生地へ変化します。様々な食感を楽しめることも魅力です。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

サクッもち食感「サツマイモボール」

サツマイモボールとは、蒸してつぶしたサツマイモのペーストに、タピオカ粉や砂糖を加えて丸く成形し、生地を高温の油で揚げた一品です

台湾の夜市で売られている定番のおやつであり、私たちは台北市内の寧夏夜市(台北駅から徒歩12分程度の場所)の屋台などで購入しました。

サツマイモボールが作られる様子

食感はサクサクしているタイプやもちもちしているタイプなど、お店によって異なっていたため驚きました。サツマイモの優しい風味がして美味しかったです。

サクサクのサツマイモボール
50元(約235円)
もちもちのサツマイモボール
50元(約235円)

サクッもち食感がクセになり、食べ始めたら手が止まらなくなりました。台湾の夜市を訪れた際は、サツマイモボールの食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか?

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

台湾定番スナック

巨大フライドチキン「ダージーパイ」

ダージーパイ(大鶏排)とは、叩き伸ばした鶏むね肉を五香粉(主に中国料理で使われる八角・シナモン・花椒・クローブ・フェンネルなどを混合したスパイス)などで味付けし、タピオカ粉をまぶして油で揚げた、巨大サイズの唐揚げです

ダージーパイ
100元(約470円)

大人の顔と同じくらいの大きさがあり、インパクトがありました。家族や友人とシェアして食べたり、完食できるか不安な方は、小さいサイズを頼んでみたりするのもいいかもしれません。

好みは分かれるかもしれませんが、八角などのスパイスがほのかに香るジューシーな唐揚げでした。揚げたて熱々の状態で提供されるため、衣がサクサクとしていて美味しかったです。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)
夫のおすすめ度 ★★★★☆(美味しかった)

訪問したお店「熊厚呷」

「熊厚呷」は、台湾桃園国際空港(第1ターミナル)地下1階のフードコート内にある揚げ物専門店です。

日本のフードコートと同じように、注文とお会計を済ませて、呼び出しベルが鳴ったら、商品を受け取りに行くスタイルでした。混雑している場合は、先に席を確保しておくと安心だと思います。

唐揚げ専門店「熊厚呷」

ダージーパイの他に注文した、イカフライや梅風味のポテトフライも熱々で美味しかったです。どちらも厚切りで、食べやすい一口サイズでした。小腹が空いた時にピッタリだと思います。

イカフライ
55元(約260円)

梅風味のポテトフライ
40元(約188円)

ほんのり甘い「台湾式サンドイッチ」

台湾式サンドイッチとは、バタークリームやマヨネーズを塗った食パンの間に、ハムやチーズなどの具材を挟んだ一品です

日本のサンドイッチは2枚の食パンを重ねて(1層の具材で)作りますが、台湾のサンドイッチは4枚の食パンを重ねて(3層の具材で)作ります。

台湾式サンドイッチ(右)とエッグタルト(左)

一口が分厚くて驚きましたが、食パンはふわふわ柔らかく、中身の具材は薄いため、思ったよりも食べやすかったです。

日本の塩味の効いたサンドイッチとは異なり、台湾のマヨネーズには砂糖が入っているそうで、ほんのり甘くて優しい味のサンドイッチでした。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★☆☆(良い体験になった)
夫のおすすめ度 ★★★☆☆(良い体験になった)

訪問したお店「一之軒」

「一之軒」は、台北市内に複数の店舗を構えるベーカリーです。私たちは、台湾桃園国際空港(第1ターミナル)地下1階のフードコート内にある店舗を訪れました。

日本のパン屋と同じように、商品を自分でトレイに載せて、レジに持って行くスタイルとなっています。

ベーカリー「一之軒」

台湾をまた旅行する機会があれば、パン屋巡りもしてみたいと思うほど、パンの種類が豊富で、魅力が詰まっていました!

パンの他に餅などのスイーツもありました

台北市内でお店を見かけた際には、一度、覗いてみてはいかがでしょうか?

エンドウ豆のスナック菓子「可楽果」

可楽果(カーラーグォ)とは、エンドウ豆から作られた、スパイラル形のスナック菓子です台湾で50年以上の人気を誇る商品であり、定番のガーリック味の他に、スパイシー味やバジル味などがあります。

エンドウ豆のスナック菓子

私たちは、大手スーパーマーケットの一つであるカルフール(家楽福)で、ガーリック味の可楽果を購入しました。コンビニでも購入することができます。

可楽果ガーリック味
36元(約170円)

食感はカリカリとしており、美味しかったです。想像以上にニンニクの風味が強く、苦手な方もいらっしゃるかもしれませんが、私は食べているうちに慣れました。おつまみにもピッタリだと思います。

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★☆☆(良い体験になった)
夫のおすすめ度 ★★★☆☆(良い体験になった)

台湾定番ドリンク

もちもち濃厚「黒糖タピオカミルク」

黒糖タピオカミルクとは、新鮮な牛乳に、黒糖シロップとタピオカを加えた、甘いドリンクです

黒糖タピオカミルク
75元(約353円)

牛乳と黒糖シロップを混ぜ合わせると、濃厚な味わいになります。一緒に口の中に入ってくる出来立てのタピオカは、温かくもちもちしていて、とても美味しかったです。

同じ黒糖タピオカミルクであっても、お店によって少しずつ味が異なるため、好みに合うものをぜひ探してみてくださいね!

荒川侑子
荒川侑子

私のおすすめ度 ★★★★★(感動した)
夫のおすすめ度 ★★★★★(感動した)

訪問したお店「再睡5分鐘 NAP TEA」

「再睡5分鐘 NAP TEA」は、台北市内に複数の店舗を構えるドリンク専門店です。私たちは、寧夏夜市(台北駅から徒歩12分程度の場所)の近くにある店舗を訪れました。

ドリンク専門店「再睡5分鐘 NAP TEA」

「再睡5分鐘 NAP TEA」は、台湾で人気のあるYouTuber滴妹さんがプロデュースしたお店です。ロゴのナマケモノが可愛く、オリジナルグッズも販売されていました。

オリジナルグッズとメニュー(2024年3月時点)

私たちは、黒糖タピオカミルク「黑糖珍珠好濃鮮奶」の他に、タロイモミルク「香芋啵啵」も注文しました。砂糖と氷の量はおすすめ通りです(カスタムできない商品でした)。

紙カップで提供されました

どちらも濃厚な味をしており、タピオカやタロイモボールがもちもちと、とろける食感をしていて美味しかったです!その他のメニューも試してみたくなりました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は台北で実際に食べた、おすすめのグルメを15種類ご紹介させていただきました。

台湾スイーツやグルメは日本でも人気がありますが、やはり本場の味が1番だと思います。

本記事の内容を参考にしていただき、ぜひ現地での食事を楽しんできてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました