【台湾旅行記】ジェットスター・ジャパン|成田国際空港から台湾桃園国際空港(台北)へ

台湾
記事内に広告が含まれています。

2024年3月に、夫婦で台湾旅行へ行ってきました。本記事では、ジェットスター・ジャパンを利用して、成田国際空港から台湾桃園国際空港(台北)へ移動した時の流れをご紹介します。

荒川侑子
荒川侑子

出国から台湾入国までの過程で行う、各種手続きについて解説します。台湾旅行を快適に楽しむための予習として、お役立ていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

成田国際空港から台湾桃園国際空港へ

成田国際空港での搭乗手続き

【6:10】成田国際空港に到着

海外旅行で国際線を利用する際は、飛行機が出発する2〜3時間前までに、空港に到着しておくと安心です。

私たちは前泊していた「成田東武ホテルエアポート」の無料送迎バスを利用して、出発時刻の2時間30分前に、成田国際空港第3ターミナルに到着しました。

前泊した成田東武ホテルエアポート
成田東武ホテルエアポートの送迎バス

【6:15】自動チェックイン

成田国際空港第3ターミナルには、ジェットスター・ジャパンの自動チェックイン機が複数台あります

カウンターに並ぶことなく、短時間で搭乗手続き(搭乗券の印刷や荷物の預託)を行うことができました。

成田国際空港第3ターミナルの様子
自動チェックイン機
(搭乗券の印刷)
自動手荷物預け機

機内持ち込み手荷物は、ジェットスター・ジャパン職員による確認がありました。チェック済みの手荷物には、タグが付けられました。

【6:35】フードコートで食事

自動チェックインを終えた後は、成田国際空港第3ターミナルの一般エリア内にあるフードコートで朝食をとりました。

早朝から営業している飲食店が多く、席数も多かったです。私たちが利用した松屋とコンビニは、24時間営業しているようで驚きました。

松屋の朝定食

2024年3月現在、成田国際空港第3ターミナルの制限エリア内では、飲食店はカフェ1店(9時営業開始)と自動販売機のみとなっています。

しっかりと食事をしたい場合やコンビニを利用したい場合は、保安検査前にお店に立ち寄ることをおすすめします

【7:00】保安検査/出国審査を通過

フードコートでの食事を終えて、保安検査と出国審査へ進みました。

早朝は検査員の数が少ないため、保安検査場は1レーンしか空いておらず、検査に時間が掛かりました。

早朝のみならず、保安検査場は混雑することが多いです。時間に余裕を持って、早めに向かいましょう

【8:30】成田国際空港を出発

保安検査と出国審査を終えた後は、指定された搭乗ゲートへ向かい、定刻通りに出発しました。

搭乗ゲート付近
搭乗開始
定刻通り出発

私たちが乗ったジェットスター・ジャパンの機体は、左側に3席・右側に3席ある、中くらいのサイズでした。

機内は満席に近い状態でした。飲み物と軽食のサービスは、希望者のみ頼むことができます(有料です)。

台湾桃園国際空港での入国手続き

【11:30】台湾桃園国際空港に到着

成田国際空港を出発してから、約4時間のフライトで台湾桃園国際空港の第1ターミナルに到着しました

【12:00】入国審査を通過

飛行機を降りた後は、入国審査へ向かいました。入国審査では、パスポートと台湾入国カードの提示が必要でした

台湾入国カードは、台湾行きの機内でCAさんから配布されます。記入用のボールペンを持参しておくとスムーズです。

入国審査前のカウンターにも同じものが置いてあるため、機内で受け取れなかった場合も、焦る必要はありません。

台湾入国カード
90日以内の観光目的での滞在の場合は
「Visa-Exempt(ビザ免除)」を選びます。
ホテル名などもしっかり記入しましょう。

オンライン入国カードを提出済みの場合は、紙の入国カードは不要ですパスポートのみ提示します。

▶︎オンライン入国カードの提出(台湾外交部公式ホームページ)はこちら

入国審査は混雑していましたが、問題なく通過することができました。その後、機内預け荷物を受け取り、到着ロビーに出ました。

台湾桃園国際空港到着ロビー

【12:10】台湾観光局による抽選会

現在、台湾観光局による企画で、台湾旅行で使えるプレゼント(電子マネーカードまたは宿泊施設割引優待券)の抽選会が行われています

台湾各地の国際空港で催されている、2023年5月1日〜2025年6月30日までの期間限定イベントです。

参加するためには、台湾に入国する1〜7日前までにウェブ登録(QRコードの発行)が必要となっています。

▶︎抽選会の詳細(台湾観光庁・台湾観光協会による案内)はこちら

私たちも、事前にウェブ登録をした上で、抽選会に参加しました。

台湾観光局による抽選会の様子
事前ウェブ登録で発行されたQRコード
を機械にスキャンすると抽選会が始まります。

残念ながら、夫婦ともに抽選には外れてしまいましたが、ワクワク楽しい気分を味わうことができました。抽選に当たるとラッキーですね!

【12:15】SIMカード/両替手続き

私たちは、台湾桃園国際空港(第1ターミナル)の到着ロビーで、SIMカードの受け取りと両替の手続きを行いました。

到着ロビーで各種手続き

SIMカードは、渡航前に日本(オンラインストア)で購入し、空港の窓口で現物を受け取りました。

個人レビュー
  1. 使用期間
    2024年3月(11日間)
  2. 使用場所
    台湾(台北・台南・花蓮)
  3. 通信状況
    良好(問題なし)
  4. コメント
    宿泊したホテルのWIFIの接続がうまくいかなかった時に、データの通信量が無制限で助かりました。動画視聴も問題なくできました。
台湾 (無制限/3~30日間) データ通信 SIMカード
created by Rinker

日本円から台湾ドルへの両替は、窓口ではなく、ATMの機械を利用しました。

【13:00】フードコートで食事

台湾桃園国際空港(第1ターミナル)の地下1階(出発ロビーの下の階)にフードコートがあります

台湾料理や中華料理の他に、韓国料理やタイ料理、ファーストフード店やパン屋など、様々な飲食店が入っていました。

フードコートの案内図

フードコートは混雑していたため、カウンターで注文をする前に、席の確保をしておくと安心だと思います。

フードコートの席(自由席)

私たちは到着時と出発時に1回ずつ、こちらのフードコートを利用しました。私たちは軽食を選びましたが、定食などしっかりとした食事もありました。

台湾の揚げ物を味わえる「熊厚呷」

巨大フライドチキン(大鶏排:ダージーパイ)
100元(約470円)

イカフライ(小サイズ)
55元(約260円)

揚げ物は熱々の状態で提供されました。小腹が空いた時にピッタリで、特にイカフライが美味しかったです。

台湾ベーカリー「一之軒」
5点で200元(約940円)

パンはネギパン・エッグタルト・台湾式サンドイッチなど、台湾ならでは商品が豊富で迷いました。

次回は台湾でパン屋巡りもしてみたいと思うほど、ユニークで味も美味しかったです。

台湾桃園国際空港から市内へのアクセス方法

台湾桃園国際空港から台湾各地への移動手段は主に4つあります。

交通手段の比較
  1. 料金の比較(安い<高い)
    高速バス地下鉄(MRT)タクシー新幹線(台湾高速鉄道)
  2. 所要時間の比較(早い<遅い)
    タクシー新幹線(台湾高速鉄道)地下鉄(MRT)高速バス

※新幹線(台湾高速鉄道)は、台湾桃園国際空港には直結しておらず、空港から少し離れた「高鉄桃園駅」からの乗車となります。

地下鉄(MRT)を利用する場合

台湾桃園国際空港から台北駅まで、地下鉄(MRT)が通っています

料金は良心的で、利用するハードルも低いため、台北市内へアクセスする際におすすめの交通手段です。

終点の台北駅「台北車站」
片道160台湾ドル(約752円)

利用回数が多くなりそうな場合は、交通系ICカード「悠遊カード(EASY CARD)」を購入して、チャージしておくと便利です

交通系ICカード「悠遊カード(EASY CARD)」

地下鉄(MRT)だけでなく、路線バスなどでも使用することができます。

高速バスを利用する場合

台湾桃園国際空港から台湾各地まで、高速バスが運行されています

郊外へアクセスする際におすすめの交通手段です。私たちは台湾東部へ行く時に利用しました。

台湾各地へ向かう高速バス

高速バスを利用する際には、事前に窓口でチケットを購入する必要がありますその後、指定のバス乗り場でチケットを提示して、乗車します。

確実に座ることができるため、目的地までラクに移動することができました。降車ボタン「下車鈴」の押し忘れにはご注意ください。

スポンサーリンク

まとめ

私たちの経験に基づき、出国から台湾入国までの過程で行う、各種手続きについて詳しく解説いたしました。

台湾入国カードの記入や台湾観光局による抽選会など、台湾ならではの手続きもありました。繰り返し見直して、台湾旅行の予習にお役立ていただけましたら幸いです。

台湾の観光情報もまとめておりますので、よろしければ併せてご覧ください⬇︎

タイトルとURLをコピーしました