【こんまり®︎流片付け】書類を簡単に減らす5つのコツ

片付けノウハウ

こんまり®︎流片付けコンサルタントの荒川侑子です。

書類の片付けは「難しい」というイメージがあり、

  • 書類はどうやって片付けたらいいの?
  • 書類が増えて困っています
  • 書類はひとまず全て残しています

とよくご相談いただきます。

今回は、書類の片付けが苦手な方に向けて、書類を簡単に減らすことができる5つのコツをご紹介します。

①チラシを放置しない

ほぼ毎日、ポストに届くチラシ。

片付けるのが面倒で、ポストの中や玄関などに放置していませんか?

チラシは、自ら希望して届くモノではないので、基本的に全て捨ててしまって大丈夫です。

内容を確認したい場合でも、受け取った瞬間に見て、いる・いらないを判断しましょう。

お家に溜まったチラシを捨てるだけでも、だいぶスッキリしますよ^^

②必要な箇所だけ残す

契約書などの重要書類は、封筒で受け取ることが多いですよね。

そして、封筒に入った分厚い書類を、丸ごと保管されている方も多いのではないでしょうか?

しかし、封筒の中身を改めて見ていただくと、本当に残しておかなければならない重要書類は一部だけです。

封筒の中身を1枚1枚厳しくチェックして、別のサービスのご案内(チラシ)などは取り除きましょう。

冊子の場合は、必要な箇所だけ切り取ることもおすすめです。

すると書類の量が減って、書類が必要になった時に「どこだろう?」と迷わずに済みますよ!

③ネットで確認する

取扱説明書などの書類は、ネットで確認できる時代になりました。

  • 取扱説明書は紙派なんです!
  • この取扱説明書は普段からよく見ています!

という場合は除いて、こだわりがない方はネットを活用されてみてはいかがでしょうか?

紙を1枚1枚めくって探すよりも、ネットでキーワード検索する方が時短になります。

紙で残しておく必要性をぜひ考えてみてくださいね。

④デジタル化する

紙の文書、写真、証明書などは、電子書類として残すことも一つの手段です。

1番簡単なのは、スマホで写真に残しておくこと。

私自身も、今後見返したい紙のメモやセミナー資料は写真に撮って、紙そのものは手放すことが多いです。

スキャナーやスキャンアプリを活用すると、より高画質で書類を保管することができます。

デジタル化する手間は掛かりますが、紙で問題となる劣化を防ぐことができますし、外出先など場所を問わず書類を確認できるようになります。

⑤片付けを見守ってもらう

こんまり®︎流片付けレッスンでは、

「見守ってくれたおかげで、最後まで書類を片付けられました!」

とよくご感想をいただきます。

例えば、勉強をする時に1人ではサボってしまうけれど、「リビングや自習室、図書館など人目のある場所では捗ります!」という方もいらっしゃいますよね。

片付けも同じで、ご自身のやる気の出る環境づくりが大切です。

「この書類はどうしたらいいの?」と迷う時も片付けのプロに質問して、その場ですぐに解決することができます。

片付けレッスンもぜひご活用くださいね。

プロフィール

こんまり®︎流片付けコンサルタント。会社員時代はストレスから病気になり入院。こんまり®︎メソッドを実践して、自分にとって心地よい暮らしと働き方を手に入れる。その経験を活かし、HSP(繊細)さんのときめく暮らしをサポート。

片付けノウハウ
シェアお気軽にどうぞ♩
yukococo life
タイトルとURLをコピーしました