【お客様の声】片づけレッスン(訪問)|衣類・本・書類・小物・思い出品|50代女性

こんまり®︎流片づけレッスン

こんまり®︎流片づけコンサルタント荒川侑子の片づけレッスンをご受講いただき、ときめく生活をスタートされたお客様の声をご紹介いたします。

皆様のご経験が次の方の励みとなり、ときめきの輪がどんどん広がっていくことを願っています。

※掲載許可をいただいた方のみご紹介しています。

【お客様】A様 ご家族4人暮らし 50代女性

A様はご家族暮らしで、ご自身のモノとA様が管理を担当しているモノ(洗面用品やキッチン用品など)を片づけました。

ヒアリング

お客様のお悩みやご希望に寄り添いながら進められるよう、実際の片づけに入る前にヒアリングのお時間があります。

お客様のお悩み
  • 片づけをしてもリバウンドしてしまうこと
  • モノの量が多いこと
お客様のご希望
  • 自分で管理しやすいモノの量にしたい
  • シンプルで清潔感、温かみのある北欧風のお家が理想
  • 片づいたお家で、朝はゆっくりコーヒーを飲んで、自分の時間を大切にしたいなど

お客様のようにづけが苦手で、モノの量が多いことにお悩みの方は多くいらっしゃいますが、大丈夫ですのでご安心くださいね。

また、片づけは「幸せな暮らし」を叶えるための手段です。

片づけで叶えたい「理想の暮らし」を一緒にお話ししながら考えましょう。

その理想の暮らしに向けて、片づけを伴走させていただきます!

衣類

最初は衣類の片づけです。

ご感想
  • 衣類の全出しをしたところ、思っていた1.5倍の量で驚きました。また、同じ系統の衣類を多く持っていることに気が付きました。
  • 片づけを最後まで終えて振り返ってみると、衣類の見極めが(最初のカテゴリーで慣れておらず)一番大変でした。見極めで迷っている衣類は、残す理由を何らか探していて、ときめいていないモノがほとんどだと徐々に気が付きました。
  • 今ときめく衣類だけを残すとスッキリして、ワードローブも使いやすくなりました。

衣類は普段から身につけているモノなので「ときめき」で選びやすいカテゴリーですが、お客様のようにグレーゾーンの衣類で悩まれる方が多いです

そのような時は、コンサルタントが問いかけて、ご自身で判断できるようサポートします。

ときめきがよく分からない方も、経験を積むごとに判断力が上がっていきますので、ご安心くださいね。

衣類の片づけが終わると達成感もあって、早く次に進みたいとおっしゃる方が多いです!

本は「今」好きなことや興味関心のあることを教えてくれるカテゴリーです。

本が好きな方は全出しを躊躇されますが、本棚に入れっぱなしの本は風景の一部になっていてきちんと認識することができません。必ず出して、触って判断します

ときめく殿堂入りの本は、いくつでも堂々と残しましょう。

一方、未読本や旬を過ぎた本は思い切って手放しましょう。

本のお役目は、読んで「楽しむこと」や「情報を得て、次の行動に繋げること」だからです。

ご感想
  • 本は全て本棚に収まっているため特に悩みはありませんでしたが、全出しをしてみると予想通り量が多かったです。
  • ときめく本から選ぶとスムーズに進みました。本は自分の好みがハッキリしていると気が付きました。

書類

書類は「全捨て」を前提に進めるカテゴリーです。

本当に全部捨てるわけではなく、1枚の紙でも積もれば山となるので、そのくらい厳しく1枚1枚の書類をチェックしていくという意味になります。

返信が必要な郵便物などを①未処理、契約書や保証書などを②重要書類、セミナー資料などを③その他書類と大きく3つに分けて、判断していきます。

ご感想
  • 書類の片づけはやり方がよく分からず、今まで手を付けていませんでした。時間が掛かると思っていましたが、2.5時間で終えることができました。
  • コンサルタントさんが見守ってくれたおかげで、最後まで諦めずにできました
  • 期限が切れている保証書や、10年間で1度も使ったことがない取扱説明書などを手放した結果、書類の量がとても減りました

小物

小物は数多くあるので、サブカテゴリーごとに進めます

ご自身の進めやすいサブカテゴリーから進めることがポイントです。

しかし、難しいと感じるサブカテゴリーのモノをコンサルタントと一緒に片づけ、ご自身でもできそうなサブカテゴリーのモノを宿題にされる方もいらっしゃいます。

お客様の小物のサブカテゴリー:文房具、薬類、電子機器、アクセサリー、季節の装飾品、洗面用品、キッチン用品など

ご感想
  • 衣類〜書類でモノを見極める力が磨かれて、小物の片づけが一番スムーズに進みました。
  • こんまり®︎流の立てる&空き箱などで細かく仕切る収納術で、モノが見つけやすく、取り出しやすくなりました。収納の考え方が変わりました。
  • 調理器具は備え付けの引き出しに全て収納することで、キッチンの掃除がしやすくなりました。夜寝る前にキッチンリセットをすると、気持ちよく朝を迎えられます

思い出品

思い出品は、最初に取り掛かると片づけの手が止まってしまう難しいカテゴリーです。

しかし、衣類→本→書類→小物の片づけを通して、思い出品を見極める力は十分に磨かれています。

お客様も、思い出を振り返り、楽しみながら「今」ときめく思い出品を残すことができました。

お客様の思い出品のサブカテゴリー:子どもが小さい頃の衣類やぬいぐるみ、写真など

ご感想
  • 特に思い入れのないモノも、今まで思い出品として残していたことに気が付きました。
  • 写真の片づけはずっと後回しにしていたので、この機会に家族で一緒に写真を見て、ときめくモノを厳選できて楽しかったです
  • しかし、家族から「それ、かわいいね」「これも捨てるの?」などと言われると、手放そうと思っていたモノでも躊躇してしまうので、基本的には1人で片づけることが大切だと実感しました

こんまり®︎メソッドでは、思い出品まで向き合うことで初めて過去に片をつけて、今を生きる/新たな人生の一歩を踏み出すことができます。

お客様からも「全部片づけてよかった」とご感想をいただけて、とても嬉しかったです。

お客様のように、片づけのやり方が分からない、モノの量が多くて1人だと片づけられる自信がないという方は、ぜひ片づけコンサルタントを頼ってくださいね。

◆ MENU ◆

東京・神奈川を中心に全国出張♪
片づけ個人レッスン
片づけについてお話しましょう♡
完全個別のお悩み相談室
タイトルとURLをコピーしました