【こんまり®︎流片付け】本を捨てられない時に役立つ3つの質問

片付けノウハウ

こんまり流片付けコンサルタントの荒川侑子です。

今回は、本を片付けたいけれど「いつか読むかもしれない」と思い、なかなか手放せない方におすすめの質問を3つご紹介します。

①最新の情報ですか?

本、特に実用書から、私たちは様々な情報を得ています。

その情報は生もので、日々変化するものです。

最新の情報ですか?情報は鮮度が命です!
  • 参考書(語学など)
  • ビジネス書
  • ガイドブック(旅行など)
  • 育児書
  • ペットの飼育本

今後「勉強したい!」「旅行に行きたい!」などと思った時に、今持っている本を参考にしたいですか?

それとも、新しく買い直すと思いますか?

ぜひ実用書を片付ける時の基準にしてみてくださいね。

②また買いたいですか?

続いて、おすすめな質問はこちらです。

今持っている本が、お店の本棚に並んでいるとしたら、またお金を払って購入したいですか?

本当に大好きで、殿堂入りの本であれば「またお金を払ってでも、買いたいです!」と即答できるでしょう。

一方「う〜ん、またお金を払ってまで、手に入れたいと思わないかな」と感じたとしたら、その本が今後読まれる可能性は低いです。

あなたがその本に「どのくらいの価値」を感じているか明確になりますよ!

③いつ読みますか?

最後の質問は「その本をいつ読みますか?」です。

本は読んでこそお役目を果たすもの。

まだ一度も読んでいなくて「いつか読みたい」と思っている本は、具体的にいつ読むのか期限を決めましょう。

本は買ったその瞬間が、その本に対する興味関心のピークです。

最後まで読まなくても、「当時はその分野に興味があったんだなぁ」と教えてくれる役割があったのかもしれませんよ^^


本を手放すために役立つ質問をご紹介しましたが、「本の片づけ=本を捨てること」では、必ずしもありません。

自分にとって必要な、大切な本を再認識する作業でもあります。

そのため、本が好きな方にこそ、本の片づけはおすすめです!

3つの質問をご参考に、ぜひご自宅の本棚を見直してみてくださいね♫

プロフィール

こんまり®︎流片付けコンサルタント。会社員時代はストレスから病気になり入院。こんまり®︎メソッドを実践して、自分にとって心地よい暮らしと働き方を手に入れる。その経験を活かし、HSP(繊細)さんのときめく暮らしをサポート。

片付けノウハウ
シェアお気軽にどうぞ♩
yukococo life
タイトルとURLをコピーしました